歯の矯正をするにはどれくらいの費用がかかるの?

個別具体的なケース判断

まず言っておかなければいけないのは、ある一部の症状を除いて、歯列矯正治療には保険の適用ができないということです。こういう診療のことを自由診療と言いますが、治療費は全額治療の受診者が負担するということになります。 歯列矯正にはそれぞれ個別具体的な問題を抱えているものです。歯の状態は健康だけれど歯が重なるようにして生えてしまっているとか、あるいは虫歯が多くて歯を何本か抜く必要があるかもしれないなど、それぞれの症状によってかかってくる治療の費用というものも違ってきます。しかしとかく一般的な話をすると、矯正治療にかかってくる費用は最低でも50万円ほどかかってくるケースが多いです。その値段の設定は歯科医院によってまちまちなので、同じ治療であっても治療費がまったく違うというケースもなくはありません。歯を抜くかどうかということが、矯正治療の費用にどこまでの影響を与えるかというと、そこまで影響を与えません。歯を抜くケースも抜かないケースも費用面ではあまり変わりませんが、出来栄えが変わってくることもあるので、そのあたりは医師と相談しましょう。

  

局部か全体かなどによっても違う

矯正歯科というのは、ある一部分だけを治したいという局部治療を施すことも可能です。たとえば前歯だけを矯正したいという場合でも、矯正治療は可能です。もちろん、歯というのは全体で考えなければいけないので、ブラケットと呼ばれる矯正装置を前歯だけに装着するなどということは出来ないのですが、局部矯正ということ自体は可能であり、全体矯正と比べると局部矯正の方が費用は安くなります。 いっぽう、診療する歯科医院によっても値段は変わってきます。たとえば、都心の一等地に立地しているような高級なところで治療をしてもらえば、やはりと言うか当然、治療費も高額になってしまいがちです。田舎に行くにしたがって、治療費も安くなる傾向があるかもしれません。 矯正の方法によっても、治療費というのはある程度変わってくるものです。どの部位に治療を施すのか、あるいは装着する矯正装置であっても、プラスチックの装置と金属の装置とでは値段が多少なりとも違ってくるものです。 矯正治療はこんな風に症例などによってまちまちなので、まずは実際に矯正歯科医院などに相談して見積もりを取ってもらうのが手っ取り早い方法です。