歯の矯正は痛みを感じるの?

矯正治療には痛みがつきもの

矯正治療には痛みがあるのか、またあるとすればどのくらいの痛みなのかということに不安を持っている人も少なくないでしょう。まず矯正治療というものには痛みがつきものです。極端な話をしてしまえば、今ある歯の位置を力を加えて動かそうとしているのですから、どうしても痛みというものは生じてしまうものなのです。 歯列矯正に伴う痛みというのは、ただ矯正装置を装着しているだけでも結構あるものです。歯列矯正に伴う痛みというのは、虫歯による痛みとは少し種類が違って、歯の周りにある骨が動かされることによって生じる痛みです。 矯正装置を施した直後はそれほど痛みはないかもしれませんが、だんだん歯に違和感のようなものが生じてきて、それが痛みに変わっていくというのが一般的な矯正治療の痛みのプロセスです。もちろん、痛みと言ってもそこには個人差があり、全然痛くないと言う人もいたりします。また痛みと言っても、装置の装着に伴う痛みは、どちらかというと違和感という感覚が強く、だいたい1週間くらい経つと痛みが和らいできたりしますよ。

  

動かすと痛みが生じることが

歯列矯正に伴う痛みとして最も厄介で、また痛みが大きいのは、物を食べる時に生ずる痛みでしょう。治療中は矯正装置を付けたまま食事をしなければいけません。矯正装置を装着しているだけで生じる痛みの場合は、時間が経てば徐々に慣れてくるものですが、こうした物を噛むときに伴う痛みというのは、食事の際の痛みは慣れるのに少し時間を要すことが多いのです。いちばん痛い時だと、ご飯を噛むのでさえ痛くてなかなかできないということもあって、とても厄介です。 また、どんな矯正装置を付けるかによっても違ってきますが、ブラケットと呼ばれるもっとも一般的な矯正装置を装着している場合、ほっぺたの裏側や唇の裏などに装置がこすれて痛みを生ずることがあります。しかも厄介なことに、あんまり程度が酷いと口内炎に発展してしまうことがあり、その口内炎に装置が触れて、痛みが増長してしまうなんてこともあったりします。また直接的にほっぺたを思い切り噛んでしまうなんてこともあります。 いずれにせよ歯列矯正にはある程度の痛みが生ずるものですが、慣れてくるといずれは解消されてくるものも多いですよ。